乙訓環境衛生組合タイトル

ごみ処理施設

ごみ処理施設

ごみ処理施設

→ごみ処理施設の特徴
→ごみ処理施設のしくみ
→発電設備のしくみ
→ダイオキシン類測定結果

建築面積 3,465.09m2
延床面積 8,047.59m2
建設事業費 8,325,426千円(1号炉・2号炉)
4,641,000千円(3号炉)
施設規模 焼却能力 75t/24h炉×3基
合計 225t/24h
発電能力 1,200kw
焼却炉形式 連続運転式ストーカ炉
供用開始 1・2号炉 平成 7年4月
3号炉 平成14年4月

 可燃ごみを焼却処理する施設ですが、単にごみを焼却するだけではなく、ごみ焼却時に発生する熱を利用して発電を行っています。発電した電力はごみ処理施設及びリサイクルプラザの需要を賄うとともに、余剰電力は電力会社に送電し、「省資源・省エネルギー実践施設」として活躍する施設です。
 また、有害ガス除去装置、ダイオキシン類除去装置、集じん装置等、公害防止設備の高度化により、公害防止にも万全を期した地球環境にやさしい施設です。

燃えるごみの中に、空き缶、空きびんなどを入れないで!
資源化できないだけでなく、焼却炉故障の原因にもなります!

ごみ処理施設の特徴

集中制御によって施設運転は自動化され、作業は効率的かつ清潔に行われます。
  • 施設の運転・管理にはコンピューターによるDCS(分散型制御システム)を採用し、各所に設けた自動制御装置及び遠隔操作装置を中央制御室で集中管理しています。
  • 施設の起動及び停止の自動化システム、ごみ計量器・ごみ投入扉・ごみクレーン及びごみ収集車を一括管理する車両管制システム等を採用しています。
ごみ焼却時に発生する余熱は有効に利用しています。
  • 熱を回収したボイラより蒸気を発生させ蒸気タービン発電機で発電し、ごみ処理施設及びリサイクルプラザの需要を賄うとともに、余剰電力は電力会社にも送電しています。
  • 温水発生器、温水熱交換器により発生した温水を施設内で利用しています。
最新の技術を結集して設備の高度化を図り、公害防止に万全を期しています。
  • 排ガス中の「塩化水素」「ばいじん」「ダイオキシン類」の除去について非常に厳しい基準で設計し、高性能な有害ガス除去装置、ダイオキシン類除去装置及び集じん装置を設置しています。
  • 施設から出る「排水」は、排水処理設備で薬品処理した後、施設内で再利用するため、場外には放流しません。
  • 「ごみの臭気」は、焼却炉内へ送り拡散を防ぎ、850〜900℃の熱で分解させ無害無臭化を図っています。
  • 煙突から排出する排ガスは、煙突入口で高温空気を吹き込んで白煙発生を防止しています。

ごみ処理施設のしくみ

帽子 機械の部分をクリックしてみてください
(写真・説明が表示されます)

フロー図

ごみ計量機 エアカーテン プラットホーム ごみピット ごみクレーン 中央制御室 ホッパ 給じん装置 燃焼ストーカ 押込送風機 灰ピット 灰押出装置 灰クレーン 灰固化設備 低圧蒸気復水器 ボイラ タービン発電機 減温装置 集じん装置(バグフィルタ) 有害ガス除去装置・ダイオキシン類除去装置 白煙防止用送風機・白煙防止用空気予熱器 煙突

→このホームページについて →このページのTOPへ→HOMEへ戻る →サイトマップ

| 〒618-0081 京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字南牧方32 | TEL:075-957-6681 FAX:075-957-1257 E-MAIL:joho@cleanplaza-otokuni.jp | アクセス |

Copyright © 2011 cleanplaza-otokuni. All Rights Reserved.