乙訓環境衛生組合タイトル

蒸気タービン発電設備

ごみを電気に・・・ エネルギーの有効利用

ごみ 発電へ
蒸気タービン発電設備
蒸気タービン ごみ焼却時に発生した熱エネルギーがボイラで蒸気になり、この設備に送られてきます。
送られてきた高温・高圧の蒸気をタービンの羽に吹き付け、タービンを回し、その回転力を利用して電気をつくります。

 乙訓環境衛生組合ごみ処理施設では、ごみ焼却時に発生する熱エネルギー を回収して発電を行っております。
 この施設では1時間当たり最大1,200kWの発電能力があり、平成23年度 に発電された総発電量は約700万kWhで、一般家庭で1年間に消費される電力 の約1500軒分に相当します。
 

 ごみ処理施設を稼働させるためには、多くの電気が必要となりますが、これら を全て電力会社から購入するのではなく、施設自らが発電した電気により賄う ことの経済的効果も絶大で、昼間はごみ処理施設とリサイクルプラザにも発電 した電気を供給しています。また、夜間の発電に伴う余剰電力は、電力会社に 売却もしています。

 こうした取組みにより、廃棄物の減量・リサイクルのみならず、地球温暖化問 題等に対しエネルギーの有効利用をもって環境の保全に寄与していることが認 められ、本組合のごみ処理施設は、平成15年3月に経済産業大臣より「新エネ ルギー等発電設備」の認定を受けました。
 本組合は、今後もエネルギー源を有効に利用し、循環型社会の構築に向け、 環境にやさしい廃棄物処理に取り組みます。

→このホームページについて  →このページのTOPへ  →HOMEへ戻る  →サイトマップ  →リンク集

乙訓環境衛生組合(クリーンプラザおとくに)
〒618-0081 京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字南牧方32 TEL:075-957-6681 FAX:075-957-1257 アクセス

Copyright © 2011 cleanplaza-otokuni. All Rights Reserved.