乙訓環境衛生組合タイトル

乙訓環境衛生組合(クリーンプラザおとくに)の紹介

乙訓環境衛生組合(クリーンプラザおとくに)の紹介

乙訓環境衛生組合は、昭和39年6月に当時の京都府向日町、長岡町及び大山崎村の2町1村(現在の向日市、長岡京市及び大山崎町の2市1町)の一般廃棄物の処理を共同で行うことを目的として設立された一部事務組合(特別地方公共団体)です。

リスト 乙訓環境衛生組合の組織図と事務内容

組合紋章

組合紋章 乙訓環境衛生組合の『乙』を図案化し、全体の和を表している。
 (昭和63年4月制定)

組合の愛称

 クリーンプラザおとくに

 乙訓環境衛生組合設立30周年記念事業の一環として、今、廃棄物処理のかかえるさまざまな問題の解決には、 住民の皆様の協力が不可欠であり、それにはまず乙訓環境衛生組合を住民の皆様に親しんでいただけるようにと 組合の愛称を募集しました。
 応募点数113点の中から厳正に審査した結果、長岡京市にお住まいの石見邦子さんの作品「クリーンプラザおとくに」 に決定しました。
 クリーンプラザという言葉には、クリーン(清潔)にする公共広場という意味があります。

クリーンプラザおとくにでは

 「環境にやさしい廃棄物処理&リサイクル」を基本に、ごみ処理施設リサイクルプラザプラプラザし尿処理施設及び勝竜寺埋立地の運営管理をしています。
 特にリサイクルプラザでは、住民参加型施設として、リサイクルを学ぶ展示ホール、自転車・木製家具再生工房や廃ガラスを原料としたガラス工房を併設し、リサイクルの拠点として活用できる施設となっており、また、ごみ処理施設ではごみ焼却時に発生する熱を利用した発電設備を備え、「省資源・省エネルギー」を実践した施設でもあり、廃棄物循環型社会の形成に向け積極的に取り組んでいます。

クリーンプラザおとくにから ひとこと

 “暮らしとごみ” それは切り離すことのできないものです。
 私たちの日常生活からはさまざまなごみが必ず出てきます。紙・布類、合成樹脂類、厨芥類などそれは多種多様なものです。
 しかし、それらのごみを私たちのちょっとしたアイデアで、量を減らしたり、リサイクルしたりできるのです。
 “私たちの暮らしの中から出るごみ”もう一度ごみのことを真剣に考えてみませんか?美しい地球環境と限りある資源を未来に伝えるために・・・・

→このホームページについて →このページのTOPへ→HOMEへ戻る →サイトマップ

| 〒618-0081 京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字南牧方32 | TEL:075-957-6681 FAX:075-957-1257 E-MAIL:joho@cleanplaza-otokuni.jp | アクセス |

Copyright © 2011 cleanplaza-otokuni. All Rights Reserved.