乙訓環境衛生組合タイトル

地球温暖化防止に向けた取組み

地球温暖化防止に向けた取組み

 かつては、全ての生物と自然がバランスよく共存していたこの地球において、わたしたち人類の文化は大きな発達を遂げ、人類にとっては便利で快適な生活環境が構築されました。しかし、その反面、地球上の全ての生物や自然環境へ深刻な影響を与えています。

主な地球環境問題

→ 地球温暖化
温室効果ガスが大気中に大量に放出されることにより、地球全体の平均気温が上昇し、海面上昇や気候の変化に影響を与えます
→ オゾン層破壊
上空にあるオゾン層がフロンの影響により破壊され、地上に降り注ぐ有害な紫外線の量が増え、人体や動植物に影響を与えます
→ 酸性雨
化学物質の影響により酸性の雨が降り、湖沼の酸性化や森林の衰退が進み、建物等に影響を与えます

など

 1997年(平成9年)に我が国で開催された「地球温暖化防止京都会議(COP3)において、先進国等が排出する温室効果ガスの排出量を 2008年(平成20年)から2012年(平成24年)の間に、1990年(平成2年)レベルから5%以上削減することを約束した京都議定書が採択され、我が国は6%の削減目標が定められ、平成27年度にその目標を達成しました。

 我が国では、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき、国、地方公共団体、事業者及び国民がそれぞれの責務を全うし地球温暖化対策の推進を図ることとされています。さらに、 京都府においては、京都議定書誕生の地としてふさわしい先導的な役割を果たすため「京都府地球温暖化対策条例」が平成18年4月から施行され、平成23年4月に平成32年度までに温室効果効果ガスの排出量25%削減、平成42年度までに40%削減を定められたところです。

 これらの状況を踏まえ、乙訓環境衛生組合においても、地球温暖化対策の推進に関する法律第21条の規定に基づく地方公共団体実行計画として「乙訓環境衛生組合地球温暖化防止実行計画」を策定し、温室効果ガスの削減に向けた取組みを推進しています。

乙訓環境衛生組合地球温暖化防止実行計画(平成19年度〜平成23年度)pdf

第2期乙訓環境衛生組合地球温暖化防止実行計画(平成24年度〜平成28年度)pdf

第3期乙訓環境衛生組合地球温暖化防止実行計画(平成29年度〜平成33年度)pdf

             

→このホームページについて →このページのTOPへ→HOMEへ戻る →サイトマップ

| 〒618-0081 京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字南牧方32 | TEL:075-957-6681 FAX:075-957-1257 E-MAIL:joho@cleanplaza-otokuni.jp | アクセス |

Copyright © 2011 cleanplaza-otokuni. All Rights Reserved.