乙訓環境衛生組合タイトル

第2期地球温暖化防止実行計画の実施状況

第2期地球温暖化防止実行計画の実施状況

 「第2期乙訓環境衛生組合地球温暖化防止実行計画」は、クリーンプラザおとくにから排出される温室効果ガスを削減するため、5年間(平成24年度から平成28年度まで)を計画期間として、排出量削減目標や取組み内容を定めた計画です。本実行計画は、平成20年度から平成22年度の温室効果ガス排出実績の平均(25,479.4t−CO2)を基準年度とし、平成28年度には14.3%削減することを目標に掲げています。
 平成28年度は本実行計画の最終年度及び目標年度となっています。

※温室効果ガス排出量の算出は環境省温室効果ガス総排出量算定方法ガイドライン及び京都府地球温暖化対策条例に基づき算出しています。

平成28年度の進捗状況

 平成28年度の温室効果ガス排出量は、目標(第2期乙訓環境衛生組合地球温暖化防止実行計画の目標)と比較して達成率は79.2%となりました。


 事務部門は、車両の計画的な運行や、エアコン温度の適正管理、休憩時間中の必要箇所以外の消灯などを実施した結果、達成率は108.3%となりました。
 しかし、廃棄物部門においては、本組合の廃棄物処理量は年々少しずつ減少しているものの、その中に含まれる廃プラスチックの混入率が増加傾向にあり、達成率は79.2%と目標達成できませんでした。
   




 温室効果ガスの排出量を少しでも減らすためには、特に可燃ごみに混入している廃プラスチックを減らさなければなりません。
 そのためには、ごみを排出される皆さんのご協力が大変重要となります。
 昨今の樹脂系のほとんどの商品パッケージには、プラマークが記されており、プラマークのあるものについては、資源ごみの分別収集へ出していただくようご協力をお願いします。


   

 温室効果ガスの排出量削減に向けては、前述のように可燃ごみに混入する廃プラスチックを減らさなければなりません。これからも皆さんのごみの減量化、ペットボトルやその他プラスチック類などの資源ごみ分別が必要となってきます。今後とも広報紙、ホームページ及びリサイクルフェアで啓発活動を行い、温室効果ガス排出量削減を目指しますので、皆さんのご協力をお願いします。


 また、クリーンプラザおとくにでは、平成25年度から環境マネジメントシステムを導入し、さらなる温室効果ガスの排出抑制に向け取り組んでいきます。

※クリーンプラザおとくにの環境マネジメントシステムの取組状況については「環境マネジメント」のページをご覧ください。

人類と自然が安心して共存できる地球環境の回復に努め、緑豊かな地球を、次の世代へ引き継ぎましょう。


→このホームページについて →このページのTOPへ→HOMEへ戻る →サイトマップ

| 〒618-0081 京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字南牧方32 | TEL:075-957-6681 FAX:075-957-1257 E-MAIL:joho@cleanplaza-otokuni.jp | アクセス |

Copyright c 2011 cleanplaza-otokuni. All Rights Reserved.