乙訓環境衛生組合タイトル

乙訓環境衛生組合一般廃棄物処理基本計画

乙訓環境衛生組合一般廃棄物処理基本計画

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第6条の規定に基づく区域内の一般廃棄物の処理に関する計画として、「一般廃棄物処理基本計画(計画期間:平成19年度から平成33年度まで)」を平成19年3月に策定しました。
 この「一般廃棄物処理基本計画(以下、「基本計画」とします。)」とは、ごみの排出抑制、再生利用、減量化、適正処理及び生活排水処理の推進を図るため、わたしたちの暮らす乙訓地域や周辺自治体の状況や、各自治体が掲げる上位計画との調和を保ちながら、乙訓地域の廃棄物行政における目標と計画を定め、その具体的な方針を示すものです。
 また、計画策定から10年目を迎えた本年(平成29年3月)、下記のとおり数値目標の見直しを行いました。

 基本計画では、次の4点の基本方針を掲げています。

基本方針

→ 関係市町と連携した適性なごみ処理による快適なまちづくり
→ 将来の環境を考えた環境負荷の少ない適正な処理
→ 適正かつ効率的な処理の推進
→ 関係市町および住民、事業者への情報発信

 これらの基本方針に基づき、一般廃棄物の適正な処理を推進することにより、家庭や事業者から排出される一般廃棄物の減量化等について、次に示す目標を掲げてい ます。

資源化等の数値目標

基準年度
(平成27年度)
目標年度
(平成33年度)
数値目標
減量化目標

(収集ごみ)

(直接搬入ごみ)
一人一日当たり
収集ごみ量
543.7g/人・日 510.5g/人・日 33.2g/人・日 約 6%減
一日当たり
直接搬入ごみ量
28.0t/日 24.9t/日 3.1t/日 約11%減
再資源化目標

(資源ごみ)
一人一日当たり
資源回収量
約149g/人・日 約167g/人・日 約18g/人・日 約12%増
再生利用量 7,098t/年 8,432t/年 1,334t/年 約19%増
再生利用率 約16% 約19% 約 3%増
最終処分量
削減目標
最終処分量 6,127t/年 5,876t/年 251t/年 約 4%減

 例えば、減量化目標では、一人一日当たり収集ごみ量を、平成27年度を基準として、一人一日33.2gを削減する必要があります。では、どのような取組みをすれば削減できるのでしょうか。

目標を達成するための6つの取組例

取 組 み 内 容 削減量
植木鉢水きりネット等で、生ごみの水分をできるだけ除いて排出します。 4g/人・日
植木鉢衣類の長期利用に向けて、フリーマーケットやリフォームの取組みを行います。 24g/人・日
植木鉢マイバッグ持参に努め、紙袋、包装紙を断り、簡易包装を依頼します。 60g/人・日
植木鉢家具類、電化製品、自転車等を手入れや修理等により、長期利用します。 0.8g/人・日
植木鉢金属製品、小型電化製品等を手入れや修理等により、長期利用します。 3.2g/人・日
植木鉢詰め替え製品を利用します。また、マイバッグを持参して、レジ袋を断ります。 65g/人・日

 これらの取組みのうち、約21%の実施率で、33.2g/人・日の減量目標が達成できると試算しています。

 ここに挙げているのは、基本計画(見直し)の内容の一部を抜粋したものですが、ごみ処理の現状及び具体的な施策等については、基本計画(見直し)の全文をご覧ください。
 基本計画の全文は、次のPDFファイルで閲覧できます。

 リスト 表紙・目次 pdf
 リスト 第1部 【序論】 pdf
 リスト 第2部 【ごみ処理基本計画】 pdf
 リスト 第3部 【生活排水処理基本計画】 pdf
 リスト 資料編 pdf

→このホームページについて →このページのTOPへ→HOMEへ戻る →サイトマップ

| 〒618-0081 京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字南牧方32 | TEL:075-957-6681 FAX:075-957-1257 E-MAIL:joho@cleanplaza-otokuni.jp | アクセス |

Copyright © 2011 cleanplaza-otokuni. All Rights Reserved.